FC2ブログ

河内女、相模国へ。

ベトナムから帰ってきてから、神奈川へ移住。 全然、関東と日本に馴染めてない関西人日記です。
フリースペースです。

プロフィール

Lady Go

Author:Lady Go
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
2019.04.12
ご期待に添える内容ではないけども
精神科の話をって告知した以上書きます。




精神科、自分が行く分には良いけど息子となったら話は別。





そこに行く行為が何かを認めるって事。




どうやったら、そんなに素直に行く事できるんやろ。





予約の電話をなかなかかけられず、かけた後も地球が予約日までに





終わればいいのにって思ってた。





そうしたら予約した次の日ぐらいに自分の体が終わりそうになった。




手足すーっと冷えてきて感覚がなくなった。




呂律がまわらなくなって助けてすら言えなくなった。





助けてって発信できる内はまだまだ大丈夫なんやろなって思う。





明日脳がシャットダウンして真っ暗になるかもって思った。





そう、息子よりも私が精神科で診てもらわなあかんかった。





手足の感覚は次の日には戻ったけど違う部位が





三週間ほどおかしくなって寝れず、病院に行っても




ひどくなりすぎて原因がわからんから検査。




検査しても不明。




でも治りました。原因はわかってる。





自分の精神が尽きて免疫が0になった時に色んなウイルスに負けたんやと。





息子の診察は、知ってる先生やって



adhdやったらこんなに同じ場所にいれない。



自閉症やったらこんなにコミュニケーション取れない。




でも療育に行かないより行った方が良いとは思う。との事。





専門家は親が死なないように気を遣って話してくれる。





ふわっと結局何かわからんような感じで。





診断書が出るから、後からそれを見て




何を書かれてるか確認しようと思ってたら、





封筒もらったら封されてた。





わたしが多分ぬけてるんやろな。




でも見ないですんでよかった。




自分で言うのと文字で他人から書かれてるのはダメージが




1億倍違う。





診断名見なくて精神的にはよかったけど、




療育施設の書類書く時には困ったし、診断名知らないって





呆れられたと思う。




あんなに必死やったり寝る時間惜しんで調べたりした割に





最後それかよって話。




それが普段のわたしなんかもな。




自分のキャパ以上に今までやってきただけで





ほんまは何も考えずぼーっと暮らしたい。





そのぬけというか間抜けさがひょっこり出て来た。





最後こそあかんかったけど、彼が生まれてから今まで





できる限りの事は全部やってきた。




死ぬほど駆け抜けた、最後こけたけど。




もうこれ以上、家庭で療育を超えるパフォーマンスは出来ないし





後は彼の成長曲線で見守るだけやと思ってる。




療育は魔法ではないと思うし劇薬でもないと思う。





彼が知らぬ間に苦手な事を底上げできてればいいな。




できなくても楽しかったらいいな。




彼を理解してくれるひとが身内以外もできて彼が心強く感じればいいな。




人生楽しく過ごせたらいいな。




自分の肉体の死を感じそうになったからかな、




達観というか悟りに一気に行けた。





そんな感じの2月末から3月中旬でした。





マジかよーっていうオチで申し訳ないけど、精神科の話は以上!
スポンサーサイト
22:10  未分類 comments(0) trackbacks(0)
2019.02.23
知能テスト
息子に知能テストを受けるかどうかを聞かれた時に




絶対嫌、でもすぐに結構ですって返事できんくて旦那と相談します。





と、持ち帰った。





なんで嫌かって、そこで知的の方の障害があるかどうかわかるから。




もうこれ以上知りたくない。




発達障害の覚悟って知的込みで?




やっとグレーゾーンっていうのを受け入れて前進してるのに





まだ追い討ちちかけますか。何かの罰?





旦那にはこの気持ちを伝えず、IQテストができるけど





どうする?とだけ聞いたら




しなくて良いとの返事で、(同じ気持ちやった)よかった。断ろう。





って思ったのと同時に夫婦で逃げようとしてるんかなって





感じて、した時としなかった時の事を考えた。




しなかった時→これ以上傷つかない。(私達が)

した時→立ち直れないぐらいの結果になるかもしれない。でも詳しく苦手な分野がわかるからそれの援助ができる。




親の義務としてせんとあかんやろなぁ。って思った。




そして話し合ってやることにしました。




当日はお腹くだしっぱなし。(わたしが)




知能テスト中は、横で見ててよかって




その間生まれてきてから今までの事を思い出して




覚悟する準備をしてたら泣けてきて、人生のフィナーレの気持ちやった。




まだ彼は4歳かぁ、子育て20歳までとして×5倍は泣いたなぁ。





今は結果(採点)待ち。




でもテスト見てたから大体の結果はわかってる。




感想は苦手な分野が的確にわかって、よかった。





これから就学までが勝負かなって思う。






彼に人生の選択肢を多く与えたい。





死ぬほど貴重な2年間を専門機関にも頼ろうと思います。






次は精神科の話をします。


22:21  未分類 comments(0) trackbacks(0)
2019.02.14
限りなく黒に近いグレー
限りなく透明に近いブルーにインスパイアされたタイトル。





保育参観がありました。





先生が懇切丁寧に説明して取り組む制作の時間の参観。





息子だけが出来ませんでした。



他の子と比べるのも変やけど、




他に発達が。。。という子達もできていたけど息子だけ。




あとでつきっきりで補助の先生が横にいてくれはって





なんとか完成。




立ち上がられへんかった。そこからしゃがみ込んで




参観してました。次男を座らせるふりして。。




これでもグレーって言うの?黒ちゃうん。




動悸がおさまらないのと、今回だけなんかな?






という淡い微かな期待というより希望を持って




帰ってきてから担任の先生に確認の連絡したら





毎回個別に二回目の説明をしているとの事。つきっきりで。





そして今回の授業態度?は4月から比べてだいぶよくなってる




との事。





それがほんまやったら、凄まじい授業妨害をしてた事になる。





嘘でしょう?って思いたいけど、心配させないように配慮




してくれる先生やから気を遣って言うてくれてるのもわかる。





教室で立ち上がれなくなったのは




息子の苦手な事を見て、支援クラスにいかないと




もしかしたら授業についていけないかもということと




わたしが看護学校目指してる間きっと自分の勉強で




いっぱいいっぱいになって息子の勉強を毎日サポートする余裕ない。




息子の3年とわたしの3年の重み。



旦那が働けなくなった時の事を考慮して、看護学校目指すけど




今目の前の彼の問題の方を社会福祉と学童に頼っただけで




どうにかなるものなのか。




色んな事が参観の時に頭の中を駆け巡って




丸々人一人の手が足りない。




学童に夜まで預けて、それからご飯お風呂、宿題を見てあげて




それから自分の課題をやってって、何時に終わるの?一日。



そして余裕のない対応をして余計に悪化する可能性高いけど




それは大丈夫なん?後から落ち着くの?




小学校でも療育行かないといけない場合





放課後の療育は5時過ぎに終わって6時までに帰ってくるけど




誰が家にいるの?わたしはいない。旦那も定時が6時。




ファミリーサポートに任せるの?




発達障害の知識ないと結構きついけど、対応大丈夫なんかな?



答えが見えない問題がどんどん沸いて来るのと




明らかにわたしは進む道を間違ってるっていうので、立ち上がれなかった。





気合いと根性で学校生活なんとか乗り越えれると思ってたけど





乗り越えれるのは自分だけで、





あとの家族は乗り越えれる可能性少ないかもしれへんっていうのが今更やけど気付いた。





旦那と話し合って、看護学校は進まない。




看護学校に進まないといけない環境の時は




確実に今より頼れる人がおる環境になってるから




まだその時の方が目指せる可能性がある。

(旦那が働けなくなったらどちらかの地元に帰ってるでしょう)



という結果に着地し、




わたしは今までしてきたパート、資格が欲しかった等の未練と





息子にとっては取り返せない3年やったかもしれないから




今わかってよかったという安堵とミックスして複雑な気持ちです。





旦那が働けなくなった時の事を考えて、専業主婦はしないけど




持ち帰りの仕事がなく、5時ぐらいまでには終われる仕事を。





家では宿題を見てあげれる環境を整えて行くのが今の目標です。





看護学校を目指すにあたって応援してくださった方ありがとうございました。




初志貫徹出来ませんでした。



きっと入学してから集団生活での息子を知ってたら




後戻りしてないと思います。ある意味初志貫徹できてたと思います。




今回の参観から看護学校断念まで気持ちが落ち着かず




ブログに書くと現実感帯びるのでなかなか書けませんでした。




次男が受験に合わせて4月から四年保育を開始させるのは




変更せず。



理由は一つ。




長男の時に何故早くから集団生活に入れなかったのか?入れてたらもっと。。



と言われ、今次男に対して何も違和感感じないけど




もし何かあった時に集団生活にいれてた方が彼にとってよかったという事になたら。。というのがずっとあるので。




発達障害、遺伝の可能性があると言われたのもあります。





追い込むよねー母親を。父親に言え!って思う。




正直母親に対して、遺伝の責任、集団に入れなかった責任、




今本人じゃなくて親が頑張らないとって言われるプレッシャー。



母親が首つるような事をガンガン言うてくるので




わたしはわたしのやり方で次男にも予防線を張ろうと。



諸々含めて、断念、怒り、悲しみ、安堵、保守。がやっと




自分の中でマイルドになってきたので報告します。




発達障害の子供を持ってる親は結構ギリギリの人多いです。




どう?とか聞かないでください。(臨床心理士の資格を持ってるなら別です)



子供が良い感じになってきたら浮かれて聞いてもないのにこちらから話すので。



わたしの人生スパイスあるなー。
13:58  未分類 comments(0) trackbacks(0)
2019.01.12
来てみて鳥取
旦那の実家は鳥取。



初めて鳥取行ったのは19ぐらいやったかなぁ?




その時は砂丘行って観光しただけでわかれへんかったんやけど





友達の家にお邪魔させてもらった別の機会に




魚の美味しさに感動した!




わたしの食べてた魚もっと臭みあるんやけど、


(大阪の魚すまん)




新鮮な魚ってこんなに味と歯ごたえが違うんやなって。




日本海の魚はめっちゃ美味しい!




そして商売魂があまりないから安い!!



他に美味しい物は牛骨ラーメン。



豚骨に敵うラーメンなんかこの世になーし!って




牛骨ラーメン食べる気なかったんやけど、食べてみたら




スープ優しくて美味しい。




サラっと食べれていくらでもいけるやつ。



他にもほんまは色々美味しいのあるんやろうけど





鳥取に帰った時の鉄板は



寿司、海鮮丼、うどん、牛骨ラーメン、ジンギスカン、




ソフトクリーム、白バラ牛乳製品、豆腐竹輪、大山どり





ソフトクリームは出来るだけ毎日食べに行く。




大山のみるくの里のソフトクリーム。




日本で一番美味しい。絶対。




とにかく美味しい。食が豊かな県。




もっともっと観光地化されても良い県やと思う。




鳥取に良いイメージがあるのは、義実家や旦那の影響ではなく





友達カップル(夫婦)のおかげやと思う。




一番大好きな県にあの時なった。




観光大使出来るぐらい色んな場所連れてってもらった。




あの時の良い思い出達がなければ、鳥取を嫌いになってたと思う。

(なぜなのかは察してねー)




今でも鳥取が大好き。




みんな鳥取来てみて。




ほんまに良い場所。




厳しい季節が多いから良い気候の時選んで行ってみて。





鳥取グルメでした☆
18:58  未分類 comments(0) trackbacks(0)
2018.12.21
ここの病院では難しいなぁ
働いてる理由が、奨学金や学校卒業後の職場確保やねんけど




最近、ここではどうやっても働かれへんって思ってきてる。





サービス残業の多さ。新人は20~21時まで残る。



勉強会の多さ。仕事が終わってからの勉強会。




これは家庭がまわらんやーつ。



旦那が5時ピタ、なりどんで帰ってくる家庭用。




ちょっとこの病棟では、ムリやなぁって思った。




じゃあ何のために続けてるのかって




奨学金に頼れなかった時の学費を貯めるのに。




そして奨学金の話をする時に副院長と話せるから




その時に希望の科を言って新卒で入れるかの確認。




奨学金もらえなくても、家庭の事情を話して




家庭がまわりそうな科に行けるか打診。




それだけの為に今続けてる。




賢いやり方かどうかはわからへん。




他の病院に目星つけて、そこの看護助手で働き直すのも




ありやと思うけど、




立地。そして、長期休みを取ったり体調不良で休ませて




もらってる今の職場はほんまに専業主婦にとってありがたい。

(未だに、兼業じゃなくて専業主婦やと思ってるのは仕事じゃなくて修業やと思ってるから。)




前に進んでるのか、バタバタともがいてるだけなのか謎やけど





今出来る事を少しずつ。。。





行動しないと何も変わらんからと、たまに奮い立たせて





今年最後のパート行ってきます。

23:15  未分類 comments(0) trackbacks(0)