FC2ブログ

河内女、相模国へ。

ベトナムから帰ってきてから、神奈川へ移住。 全然、関東と日本に馴染めてない関西人日記です。
フリースペースです。

プロフィール

Lady Go

Author:Lady Go
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
2016.07.24
追い焚きができない国
今回の物件購入後にわかった誤算。



物件見てる時に、何で一階じゃないのに梁があるんやろ?




見た事も無い大きさの給湯器が、間取りで言う物置(室内)に





あるのは何で?




って謎やったけどそこまでひっかかれへんかったん。




購入後、ガス屋さんが来て謎が解けた。




梁が出てるのは、給湯器の煙突を通してて外側に排気してるから。




この大きさの給湯器は室外には規制があるので、移動するのが難しい。




なぜこんなに大きいのかと言うと、各部屋にガス栓みたいなのがあって




そこからお湯が出てきて(専用暖房器具に接続)




今の時代のデロンギのように空気を汚さず部屋を暖める為に




給湯の馬力がいるから、その大きさの給湯器らしい。




それを使うと3~5万円(ガス代)はかかる。




寒冷地で人気やった設備みたいで、余裕がある人の住居の設備らしい。




そして、給湯器の値段は40万円。




日本で二種しか売ってないから今後も下がる可能性が無い。




もし、普通の給湯器を使いたい(買い替えの節約の為に)場合は





床の根本から工事に入ってダクトを通すので、100万円は超えるそう。




追い焚き機能はあるけれど、このタイプは時間がかかるしお金もかかるから




僕(ガス屋さん)なら使わないとの事。




ナルホドー。サイアクー。




どんな富裕層が住んでた集合住宅やねん。




勝手なイメージやけどガス代だけで5万かけれる人は




横浜とか23区あたりに住むんちゃうん?





誰の要望でこういう設備にしたん?




設計者誰?




色々不満が出てきてストレスになりそうやったから、





日本では追い焚き機能や、保温機能、給湯温度の設定が出来ない事に





頭の中でした。





ベトナムのちょい上の風呂レベルやと思おう。





でかい給湯器には御用心!
スポンサーサイト

23:17  未分類 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://kawachionna.blog.fc2.com/tb.php/199-035b57c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)