河内女、相模国へ。

ベトナムから帰ってきてから、神奈川へ移住。 全然、関東と日本に馴染めてない関西人日記です。
フリースペースです。

プロフィール

Lady Go

Author:Lady Go
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
2017.03.30
舌小帯短縮症(ハート舌)
自分以外の事の病気を書くのはやめておこうと思ってたけど




情報が少なくて悩んできたから、誰かの役に立てたらと思って書きます。






長男がタイトルの舌小帯短縮症という、舌を出したらハート舌に





引きつって出てしまう病気でした。




遺伝の可能性が高くて、昔なら生まれた時に産婆さんが




パチンと切ってくれてたみたい。



簡単で小さな病気なんやけど、今までずっと悩んでた。



なんでかというと、



6ヶ月ぐらいから小児科で相談しても、哺乳に問題なかったから切る必要が無い。




歯医者に相談しても、これから伸びる可能性があるからまだ切らなくても良い。




ずーっとその調子で、様子を見てきて希望的観測で





ちょっと舌長くなったんかな?とか思いながら過ごしてた。



1歳半検診の時に、歯科医に受け口になってると指摘され




ショックで調べたら、舌の事が原因かもしれないとの事。




受け口を指摘された時に、治療の事を相談しても





自然に治る可能性があるから今は何もしないで様子見でとの事。





2歳になっても、よだれが止まらずずっとスタイをしてて




周りにスタイをしてる人がいないのに一体どういう事なんやろうって




またまた自分で調べたら、舌が短く動かせないので




舌が太ってきて気道を塞いでイビキや口呼吸につながってるとの事。




赤ちゃんの時からイビキはすごかったし、舌の先端も分厚くなってきてる。





何回も旦那と話し合ってて、病院も目星を前々からつけてたけど




周りのお医者さんが切る必要が無いというので、




お医者さんが言うんやから間違い無いんじゃないかなぁと




そういう結論になってた。




わたしは身近に短縮症で、切ってからもトレーニングに通ったり




大人になっても滑舌が悪い人を知ってたから、




そんな苦労させたくないし、めっちゃしょうもない事かもしれへんけど




ソフトクリーム舐められへんのはかわいそうやなぁって。





顎の形が変形して、よだれが止まってないのは




切る以外無いよね?って事で今回手術に踏み切りました。




たいそうな事じゃないのに、周りの反対でたいそうな事になってる





ストレスもかなりあった。





因みに小児は手術反対、歯科もかなりの歯科医師が反対してるのだそう。





今まで同じぐらいの子の舌を見て羨ましくなってる時もあった。




何より息子本人が、神奈川に戻ってから舌をベーッとしてくれなくなって





後ろ向いてベーってして、手で触って確認してる事が増えてきた。





周りの子がアッカンベーしてるの見たら絶対自分は出さなくなったし。




本人が気づきかけてるから、早くしたろうという事で26日に手術行ってきました。




手術までの道のり2年弱。




次回は手術がどんな感じやったか書きます。
スポンサーサイト

17:14  未分類 comments(0) trackbacks(0)
comment
write comment





trackback
http://kawachionna.blog.fc2.com/tb.php/213-2ea0cbcb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)